PABAの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加


171

  • 葉酸の合成を助ける
  • パントテン酸の吸収を助ける
  • 成長促進
  • 腸内細菌の繁殖を促進させることでビタミンB群を合成

【スポンサードリンク】



PABAとは?

PABAの別名はパラアミノ安息香酸といいます。ビタミンB群の仲間であり、レバー、豆類に多く含まれますが、体内でも合成されます。

PABAは葉酸の合成を助ける!

葉酸の合成を助けることで、タンパク質の合成を促進させたり、紫外線から皮膚を守ってくれたりします。更にパントテン酸や葉酸と共に摂取する事で、白髪をもとの髪色に戻すことも期待されています。

主な食品

・牛、鶏レバー、豚、牛乳、玄米、小麦胚芽、大豆、レーズンなど

こんな人にオススメ

433

  • 白髪が気になる
  • しわ、皮膚の老化防止
  • アルコール多飲者
  • 日焼けが気になる
  • 抗生物質を服用している

PABAは腸内細菌の繁殖を促し、体内でビタミンB群を合成しますが、腸内細菌の働きが低下しますと、ビタミンB群の合成は出来ません。つまり、ピル、抗生物質を服用されている方は、サプリメントから摂取しなければなりません。水溶性のビタミンですので、毎日補給することが大切。
【スポンサードリンク】