ビタミンPの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加


resize (2)

  • ビタミンCの作用促進
  • 血管壁の強化
  • 毛細血管の収縮作用
  • 血圧降下作用
  • 動脈硬化予防

【スポンサードリンク】



ビタミンPとは?

毛細血管の透過性を抑え、血管壁を強化する水溶性のビタミン様物質です。成分名のPとは透過性を意味する「permeability」の頭文字によるものです。ビタミンPに属する成分は、ヘスペリジン、シトリン、ケルセチンなどで、後にフラボノイドの混合物であることが判明しています。ちなみに、ソバに含まれているルチンもビタミンPの一種です。

ビタミンC作用促進!

ビタミンPは、組織や細胞をつなぐコラーゲンを作るビタミンCの作用を促進させるとともに、毛細血管の透過性を保ち、血管壁を強化する他、収縮作用、血圧降下作用もございます。また、ビタミンCの吸収を促し、協調して働きます。さらに、ビタミンPの強い抗酸化作用はビタミンCの酸化を防ぐ働きがございます。

主な食品

169
・ソバ、ミカン、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、など

こんな人にオススメ

  • 歯茎からの出血しやすい
  • 傷の治りが遅い
  • 高血圧、動脈硬化が気になる
  • 脳出血の予防
  • 打ち身による青アザができやすい

ビタミンPの摂取方法としては、ビタミンCとセットで摂取することをオススメします。よって効率的に摂取出来るのは、ビタミンC、ビタミンPなどが配合されているマルチビタミンを摂取する事。

ビタミンPが不足しますと、毛細血管の透過性が高くなることで、出血しやすくなります。特に敏感に表れる箇所としては、歯茎からの出血となります。また、その出血を放置していると、そこから細菌も侵入しやすくなり更に悪化も考えられます。

【スポンサードリンク】