ビタミンDの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • カルシウム、リンの吸収を助ける
  • 骨、歯にカルシウムが定着するのを防ぐ
  • カルシウムを骨まで運ぶ
  • ビタミンAの吸収を促進

【スポンサードリンク】



ビタミンDとは?

ビタミンDは、骨の形成に関わっている脂溶性のビタミン。骨の発育に異常がある(くる病)患者のために発見されたビタミンと言われています。ビタミンDは魚介類、キノコ類に多く含まれているが、太陽に当たることでコレストロールが材料となり、紫外線によっても皮膚で合成されます。よって、普段から日光に当たらない方は、ビタミンD不足になりやすいのです。

ビタミンDは不足してしまうと、骨、歯がもろくなりやすくなります。

主な食品

・魚介類、キノコ類、卵類など

こんな人にオススメ

  • 骨粗鬆症の予防
  • 歯周病、虫歯になりやすい
  • 骨、歯がもろい
  • 日照時間が少ない乳幼児、高齢者
  • 妊婦、授乳婦

日常生活で日光に当たっている方はビタミンDが不足する事の心配はいりません。ただし、乳幼児、高齢者の方はしっかり意識して摂取しなくてはなりません。不足しますと骨、歯などがもろくなりやすく、さらに悪化しますので、上記の食品+適度に日光に当たる習慣が大切です。

ただし、逆に日光の当たりすぎ(日焼けなど)はビタミンDの合成力が低下してしまいます。
【スポンサードリンク】