イノシトールの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加


3

  • 脂肪、コレストロールの流れをよくする
  • 動脈硬化、脂肪肝の予防
  • 脳細胞に栄養を供給し、神経を正常に

【スポンサードリンク】



イノシトールとは?

内臓脂肪を改善される方には有名な栄養素「イノシトール」。イノシトールは脂肪、コレストロールの流れを改善させ、生活習慣病である、動脈硬化、脂肪肝の予防に役立ちます。また、細胞膜を構成するリン脂質の重要な成分となります。脳細胞に栄養を供給し、神経を正常に保つ働きも持っています。

ダイエットをしたい方、日ごろからカロリー高めの食生活をされている方、アルコール多飲者など長年の習慣をされている方には必須栄養素となります。

主な食品

green-cabbage
・オレンジ、スイカ、グレープフルーツ、桃、グリーンピース、サツマイモ、キャベツ、トマト、牛乳など

こんな人にオススメ

istock_000017175647small-1

  • 脂肪分を多く摂取している
  • 脂肪肝、肝硬変が気になる
  • 動脈硬化を予防したい
  • コレストロールが気になる
  • ダイエットしたい
  • 気持ちが落ち込みやすい
  • 抜け毛が多い
  • 湿疹ができやすい
  • アルコール多飲者
  • カフェインを多飲

イノシトールは体内でも合成されますが、量には限界がございます。上記の対象の方は、イノシトールを含む食材又は、サプリメントから摂取したいです。サプリメントから摂取する場合は、同じく脳細胞に栄養を与えるビタミン様物質、コリン、および、ビタミンB群が配合されているマルチサプリメントをオススメします。
【スポンサードリンク】