良いサプリメントを選ぶ際の6つのチェックポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

illust2157

良いサプリメントっていったいなんだろうか?

サプリメントをこれから始める方にとって、まずそのことに頭がよぎるでしょう!だって、購入して失敗したくないですし・・・

そこで、今回は、サプリメントアドバイザーが良いサプリメントを選ぶ際の6つのポイントをご紹介しています。参考にしてください!
【スポンサードリンク】


良いサプリメントを選ぶときの6つのポイント!

1、成分内容が明確に記載されているか?

2、原材料は明確か?

3、余分な添加物は入っていないか?

4、どのような加工方法で作られているか?

5、体内に有効に働く工夫がされているか?

6、製品の品質管理は徹底しているか?

成分内容が明確に記載されているか?

239

購入する際には、サプリメントのパッケージに内容成分が表示されているか確認します。

中には、効能効果を前面に出しているにも関わらず、実際にどのような成分がどのくらい含まれているか?

記載していないケースも稀にございます。また、内容成分と価格との釣り合いはどうなのか?妥当であるか?

最近では、ヤフー知恵袋やインターネット上で情報を収集できますので、気に入ったサプリメントを見つけたら、一旦検索でその商品の口コミを見てみる事もオススメします。

直接企業のホームページで問い合わせてみる!

240

これは、わたしも実際に行っていますが、サプリメントを扱っているホームページに一旦問い合わせしてみる。自信をもっている企業に関しては情報開示を積極的に行っています。

こうした企業製品に関しては信頼できるサプリメントを提供していますので安心です。

原材料は明確か?

サプリメントは自然素材、合成素材から抽出した2種類が存在します。

自然界から採取されたものは「ナチュラルベース」と呼ばれ、まったく、無関係な材料から化学的に合成されたものは「ナチュラルベース」でありません。

化学的に合成された商品は安全性の面で問題ありません。すばらしい商品も多々ございます。ただし、粗悪品と言われているサプリメントは化学的に合成されたサプリメントがほとんど!

どういったものが粗悪品か?

小麦粉やデンプンが素材としてふんだんに使われていたり、肝心な摂取したい栄養素が微量しか入っていない。

さらに、食べやすくするため人工香料などの添加物を混ぜていたりもします。近年はそういった粗悪品は少なくなりましたが、特に個人輸入される場合は安価と言う理由で手に入れることはオススメ出来ません。

もちろん、商売目的で輸入してもダメです。

余分な添加物は入っていないか?

本来であれば、サプリメントと言えば、摂取したい栄養素をピンポイントに摂取することが目的であるので、それ以外の添加物が入っていないことが理想であります。

ただ、実際には、最低限の添加物を使用していることが現実です。

・防腐剤
・砂糖
・スターチ
・塩分
・麦芽
・イースト
・コーン
・ミルク
・大豆抽出物
・人工香料
・合成着色

どのサプリメントにもこのような添加物が含まれています。あくまでも最低限に留めています。なぜ、添加物が必要か?

湿気防止、品質を落とさず長期間保存できる。さらに飲みやすくするために、光沢剤を使用したりします。

ただ、これをいいことに、粗悪なサプリメントに関しては、上記の添加物で済ませてしまい、肝心な栄養素が含まれていないっていうケースも過去にございました。

サプリメントを選ぶ際には、なるべく最低限の添加物に絞っているサプリメントを選ぶことが先決となります。

どのような加工方法で作られているか?

日本の多くのサプリメントは大量生産・低価格化を図るために、製造過程で高温加熱処理することが多いと言われています。

ただ、専門的な話になってしまいますが、セ氏55℃以上の温度による加熱処理は大切な栄養素や有益な酵素の60%を空中分散させてしまうと言われています。

本来のサプリメントに含まれている天然の栄養素は酵素によって体内吸収率が促進されます。

しかし、高温処理をしてしまう事で、せっかくの大切な酵素が働かなくなる恐れがございます。

したがって、良質なサプリメントは低温処理製法で十分に時間をかけて製造されています。

一般的に酵素が失わない温度は、35~37℃くらいと言われており、ちょうど、人間の体温程度と言われています。

加工方法について明確にしているサプリメント会社もございますので、もし、低温処理製法であれば良質なサプリメントを製造しているので安心して購入できます。
>>低温処理 製法されているサプリメント

体内に有効に働く工夫がされているか?

高品質のサプリメントは、体内に十分に吸収され、有効活用できるよう工夫されています。例えば、消化、吸収を助ける酵素類を配合し、体内で溶ける時間も明確にしている。

このようなサプリメントを選ぶ事が質の良いサプリメント選ぶポイントでもあります。

栄養素は単発では体内の吸収がしづらい!

栄養素は一般的に単独で体内に吸収されにくく、他の栄養素との相互作用によって、はじめて働くようになっています。

例えば、骨を強くするために、カルシウムを摂取する場合、カルシウムだけのサプリメントを摂取しがちだが、カルシウムだけでは骨に取り込まれません。

ビタミンDの働きがあって初めて骨へ吸収されるのです。

つまり、ビタミン不足の場合でも単に、ビタミンCだけを吸収するのでなく、ビタミンB群と一緒に摂取する方が、吸収が早いのです。

その点からいえば、マルチビタミン、ミネラル系のサプリメントを始めることをオススメします。

製品の品質管理は徹底しているか?

サプリメント製品にとって一番大切なことは、きちんと品質管理がされているかどうかであります。

サプリメントは言うまでもなく人間の口に入るものですから、清潔に品質管理されているメーカーを選ぶ事が当たり前であります。

では、どのポイントを見ればよいか?である!

良いサプリメントを選ぶ際としては、自社工場で製造されている事!さらに、第三者機関によって定期的な品質管理を行っている所のチェックが挙げられます。

ISO(国際品質基準)を取り入れている業者も信頼できると思います。

メーカーによっては、製造段階を専門業者に委託しているケースも少なくなくありません。

ただ、この専門業者がしっかりしていて、サプリメントの製造過程を明確にしていれば、それを判断材料に出来ますが、明確でない場合は、口コミサイトなど利用して判断を委ねるしかありません。

サプリメントのラベルの見方

サプリメントを購入する際には最低限、ラベルの表示を見るようにしましょう。製造業者(販売業者、又は、輸入業者)名、その連絡先が記載がない場合は、その製品に信頼がないと思ってください。

1、サプリメントの名称

2、原材料名
有効成分だけでなく、表面加工などに使用した添加物も記載。特定の食品に対してアレルギーのある人はきちんとチェックしたい。

3、内容量
1粒(1錠、1袋)あたりの重量と含有成分量。

4、栄養成分表
1粒あたりに含まれている栄養素の含有量

5、摂取方法

6、保存方法

7、製造業者(販売者名、輸入業者)

8、連絡先

9、品質保持期間(賞味期限)
最低限、サプリメントを選ぶ際にはこのラベルをしっかり確認し、納得したうえで購入する事がポイント!

【スポンサードリンク】