プロテインパウダーのメリット!食品オンリーではダメなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

muscle building protein shake

ジムに行くと、トレーニングを終了したマッチョの方が、手に持っている物・・・・まさに「プロテイン」!

トレーニング終了後の30~60分以内は、ガンガン成長ホルモンが分泌されているので、そこを狙ってプロテインを摂取しているのです。

このタイミングで摂取することにより、筋肉のパワーアップ(超回復)がよりスムーズに行われることになります。

プロテインって筋肉増強剤?

プロテインって筋肉増強剤的に言う初心者さんもいらっしゃいますが、プロテインはタンパク質を英語にしただけであり、筋肉増強剤ではありません。

ただ、タンパク質であれば、食品から摂取すれば問題ないって思うかもしれませんが、なぜ、わざわざプロテインサプリメントを摂取するのか?

【スポンサードリンク】


■ わざわざプロテインパウダーを摂取する理由

09-Sep101BestMusclepart8

タンパク質そのものだったら、わざわざプロテインパウダーを摂取しなくても食品オンリーでいいのでは?って言う方も実は少なくありません。

しかし、多くのボディビルダーの選手、各種スポーツ選手は欠かさずプロテインを飲んでいます。そんなにプロテインって効果があるのか?

結論から言えば・・・

・吸収に優れているのでトレ後30分以内のタンパク質補給に優れている
(トレ直後は筋肉の他、内臓も疲れているのでトレ直後の食事は胃に負担がかかる)

・余分な栄養素が含まれていない
(必要量のタンパク質を食品から摂取すると、同時に脂質を過剰に摂取しがち)

・タンパク質をピンポイントに摂取できる
(タンパク質を吸収促進してくれるビタミンB群も配合されている)

・体を絞りながらバルクアップ(筋肉増量)に適している

ただ、タンパク質補給を食品オンリーにしてしまうと・・・

P1010792

例えば、高タンパクで低脂肪とされ、ビルダーさんに人気のある代表的な肉と言えば、鶏の胸肉ではないでしょうか?

100gの皮なし胸肉摂取で約25g相当のタンパク質が摂取出来ることになります。

体改善するためには、体重×2gのタンパク質補給が目安となりますが、体重70㎏のケースでいきますと・・・140gのタンパク質補給が必須となります。(毎日です)

140gのタンパク質量からどれくらいの肉の量に?

鶏の胸肉から140gのタンパク質を摂取しようとすると、約560gもの鶏の胸肉を日々、食べなければなりません。結構、辛いですよ!

ただ、鶏の胸肉の場合ですと、タンパク質の他、脂質、脂溶性ビタミンなども同時に摂取することになります。

この量を日々摂取するとなると、脂溶性ビタミンの過剰摂取につながりますし、脂質も少ないとは言え、100gにつき、1~3gの脂質も摂取することになります。

その観点からも、体改善を目指すには、食品(タンパク質メイン)+プロテインパウダーを間食に摂取することが必要となります。

さらに、尿酸の関係!

筋トレをされている方は基本的に尿酸値が高い傾向にあります。

なぜ、尿酸値が高いのか?

筋トレは雑に言ってしまえば、筋肉を破壊する行為をしていることになります。

そうすることで、筋肉は古い細胞~新たな細胞に生まれ変わるのです。

これを新陳代謝と言いますが、筋トレしますと、筋肉の新陳代謝が活発になるのです。その際に発生するのが、プリン体となります。

体はプリン体を分解させるために、尿酸を発生させます。尿酸は最終排泄物と言われています。

最終排泄物と言われる理由としては、人間には尿酸を分解する酵素が備わっていないので、排泄するしかないのです。

よって、筋トレをされている方は一般人よりも尿酸値が高い傾向にあります。

尿酸をため込んでしまうと最悪は痛風に・・・(私も1回経験済・・・ほんとに痛い)

473

その新陳代謝時で、多くのプリン体を発しているにも関わらず、プリン体が多い鶏の胸肉やササミを食べて補給するとなると、プリン体のダブルパンチで尿酸値がグンと上がりやすくなります。

少しでもプリン体の発生を抑えるためにも、プロテインパウダーでしっかりピンポイントに補給することがオススメとなります。

■ プロテインはすぐ実感出来るの?

プロテインは筋肉増強剤ではありません。

食品となりますので、継続的に摂取することで体改善が見られたり、実感も得やすいということになります。

目安の期間としては3ヶ月!

とにかく、トレーニング終了した30~60分以内に摂取して頂く習慣と、トレーニングした翌朝の摂取は必須です。

トレーニングをした翌朝は筋肉がタンパク質を欲しがっているので吸収が抜群に早いです。この摂取タイミングだけは見逃さないでください!

トレーニング中のプロテイン摂取って効果的?

プロテインをトレーニング中に摂取しますと、気持ち悪くなりますのでオススメしません。

さらに、内臓に大きく負担がかかりますし、下痢の原因になりますのでトレーニング中のプロテイン摂取は控えましょう!

もし、トレーニング中にタンパク質を摂取したい場合は、BCAAを含む、アミノ酸を摂取することをオススメします。

アミノ酸はタンパク質の最小単位の物質!

消化の過程がありませんので内臓にも優しく、ダイレクトに血液に入ります。

■ プロテインサプリメントの選び方

cheapest-protein-powder

プロテインは大豆、牛乳、卵(現在はない?)などから精製されて作られているものですが、筋肥大にオススメと言われているプロテインパウダーとしては、牛乳の乳清から作られているホエイプロテインがオススメです。

カゼインとかペプチドなどさまざまな種類がございますが、これらの名前は粒子の大きさによって異なるだけです。

カゼインはホエイ酸に比べ粒子が大きく、ゆっくり吸収しますので、就寝前にオススメとか、ペプチドに関しては、ホエイ酸よりも粒子が細かいので、トレーニング中に飲んでも胃に負担がないなどさまざまなメリットがございますが、正直きりがありません。

これから、プロテインを始める方には、ホエイプロテインをオススメします!

ホエイプロテインでは、各社さまざまなメーカーから販売されていますが、まずは手始めとして、業界一番の安価であるビーレジェンドプロテインをオススメします。各メーカーが販売されているプロテインの約半額で購入できますので!オススメ!

当サイトでもレビューしていますので、参考にして頂ければ幸いです!

>>ビーレジェンドプロテイン(ミルク味)レビュー記事
>>ビーレジェンドプロテイン(チョコレート味)レビュー記事

【スポンサードリンク】