バルクアップシーズン突入の前に知っておきたいこと!バルクアップ飯の定番!生卵に納豆ってNG?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

hqdefault111

生卵に納豆!

何といっても大量のご飯をかきこめるから、バルクアップ飯には最適!

しかも、美味しい!

しかし、実は生卵と納豆の組み合わせは、NGってご存知でしたか?

【スポンサードリンク】



なぜ、生卵に納豆の相性が悪いのか?

NG成分と言われる「アビジン」

アビジンは生卵の卵白に含まれている成分で、納豆に含まれるビタミンB群の仲間であるビオチンの吸収を妨げる働きをします。

バルクアップするのに必要でもあるビオチンは糖質、脂質、タンパク質の代謝に働くので、バルクアップには欠かせない栄養素。

体に良かれと思って納豆を食べていても、生卵の卵白も同時に摂取する事でせっかくの有効成分を台無しにしてしまいます。

ビオチンとアビジンの働き

・ビオチン

元々は、皮膚炎を予防する成分として発見された水溶性ビタミン!

別名:ビタミンHとも呼ばれています。

メインの働きとしては、糖質、脂質、タンパク質の代謝に働き、細胞の成長、皮膚や粘膜に欠かせない栄養素であります。

・アビジン

生卵の卵白に含まれる糖タンパク質の一種で、ビオチンと結合してしまう働きを持っています。
ビオチンと結合してしまうので、ビオチンの吸収を妨げる働きを持っています。

アビジンの過剰摂取は、倦怠感や疲労感など生みやすいと言われています。

卵と納豆の有効な食べ方!

【スポンサードリンク】


Bowl_of_egg_whites1

maxresdefault11

生卵の卵白部分に含まれる「アビジン」がビオチンの吸収を妨げるので、生で食べるなら卵白を除き、黄身と納豆の組み合わせならOK!

さらに、卵白を加熱してしまえば、アビジンは消滅しますので、スクランブルエッグ+納豆を混ぜて食べる事もOK!

私は、そのことを知ってから、スクランブルエッグ+納豆を混ぜてご飯を食べています。

これから、バルクアップシーズンになると思いますので、一つの参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。