筋トレ後のアルコール摂取は筋トレが台無し?4つの理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


筋トレ後のアルコール!

習慣にされている方も少なくないはず!

ちなみに、私もそうでした(笑)

現在は、飲んだり飲まなかったりとバラバラではありますが、基本、トレーニング後のアルコール摂取は控えられるようになりました。

特に大きな筋肉である脚トレの時は絶対に飲まないですね!

っていうか、脚トレ後は、気持ち悪いので飲みたい欲求が出てきません (笑)

なぜ、筋トレ後のアルコール摂取が特によくないのか?

アルコール好きなトレーニーは是非読んで頂ければ幸いです。

筋トレ後のアルコールがよくない4つの理由

【スポンサードリンク】


1、テストステロンの分泌を抑える
筋トレを行うと、テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。テストステロンには、筋肉を増やして体脂肪を燃焼させる効果が明確になっています。

ただ、せっかく筋トレでテストステロンが分泌している時に、アルコールを摂取してしますと、テストステロンの分泌が低下してしまい、筋成長の妨げになってしまうのです。

2、筋肉を分解するホルモンが増える
筋トレ後にアルコールを摂取しますと、テストステロンの分泌を抑えるほか、「コルチゾール」というホルモンの分泌が増えます。
コルチゾールと言うホルモンは、筋肉を分解して体脂肪を蓄える働きがあるので、テストステロンの減少と合わせて筋トレの効果を打ち消してしまいます。

3、肝臓負担が倍に
アルコールを分解する臓器と言えば肝臓が有名ですが、実は、筋トレも筋肉を修復する際に一生懸命働いている臓器も肝臓です。
特に、筋トレ後は筋修復する際に肝臓がフル活用されており、その際に、特に肝臓に負担をかけるアルコールを摂取することで、アルコールの分解を中途半端、筋修復も中途半端、結果肝臓だけしっかり負担をかけてしまう残念な結果となります。

これは、実際に私がそうだったんですが、筋トレ後のアルコール摂取って実はアルコールが普段より回り気持ちいんですよね。個人差にもよると思いますが、トレーニング後の飲酒は、肝臓が疲れているせいか、顔が赤くなったり、斑点が出来るようになり、しまいには頭痛が定番。

そういうことも含め、なるべくトレーニング後の飲酒は控えるようになりました。

4、アルコール分解でタンパク質、ビタミン、ミネラルが優先して使われる
筋肉の材料と言える代表的な栄養素はタンパク質ですが、その他、ビタミン、ミネラルも同様に筋肉の材料に欠かせない必須栄養素!

せっかくトレーニング前後にプロテインやビタミン、ミネラルといった食事やサプリメントを摂取しても、トレーニング後にアルコールを摂取してしまうと、タンパク質、ビタミン、ミネラルはアルコールの分解を優先にしてしまうので、効率よく筋肉に栄養が届けられなくなってしまいます。

さらに、現代のスポーツ医学では、大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下し、トレーニング後のアルコール摂取はトレーニング効果を3割も減少させると発表されています。

トレーニング後のアルコールがやめられない場合

トレーニング後のアルコールを楽しみにトレーニングに励んでいる方もいらっしゃいます。

けど、頭の隅では・・・ちょっと罪悪感・・・

ただ、ストレスもコルチゾールというホルモンの分泌が優勢になってしまうので、ストレスを抱える事も筋肉に悪影響を与えると言われていますから。

我慢してストレスが溜まるくらいなら適量の飲酒であれば大丈夫です。

せっかく飲むなら、筋肉に悪影響しないアルコールの適量は?

筋肉に悪影響しないアルコール量?

【スポンサードリンク】


お酒が強い、弱いと個人差にもよりますが、一般的に言われているのが、体重×0.5gのアルコール量であれば問題ないと言われています。

体重が70㎏の方であれば=35gの範囲内に抑える

具体的にどれくらいか?

・ビール 500ml=20g
・ビール 350ml=14g
・ビール大瓶 699ml=28g
・日本酒 1合(180ml)=22g
・ワイングラス (120ml)=12g
・ウイスキーダブル (60ml)=19g(私はこれが大好きですね)

余談ですが、筋トレユーチューバーのカトちゃんさんは、毎日晩酌で350缶2本飲むのが習慣なんても言っていましたね~!
減量時も習慣にしているみたいです。

まとめ

トレーニング後のアルコール摂取が習慣の方は、日々のアルコール摂取量の見直し!

又は、トレーニング日だけは摂取しないルールを決める!

アルコールと上手に末永く付き合うなら、摂取量を意識することが大事かもしれません。

恥ずかしながら、20代前半、アルコール依存症の時に、「個々に一生摂取できるアルコール量は決まっている!」

なんて本を読んだことがあります。

ザックリ言えば、一生摂取できる量を早い段階でオーバーしてしまうと死に至る!みたいです。

楽しいお酒を続ける為にも、今一度、アルコールの摂取量の見直しはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

>>お酒よりもトレーニング後のプロテインが好きになる本(笑)