【グルテン】なぜ、悪者扱い?グルテンフリーのグルテンとは一体何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

P10202371

最近では、コンビニやスーパーなどでも、グルテンフリーの食品を見かける機会が多くなりましたね。

頻繁に見るようになったグルテンフリー!

P10202381

グルテンフリー=ダイエットが浸透してきたのは、海外のセレブ、人気女優が「グルテンフリーダイエット」で成功した例が、メディアで紹介され、大きな話題となりました。

あの世界ランキング1位のプロテニスプレーヤージョコビッチ選手もグルテンフリーの食生活に変えて体重が減少し、体の調子が良くなったなど、本まで出版しています。

ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ
三五館
売り上げランキング: 669

このページでは、グルテンフリーと言われている、「グルテン」の働きをまとめています。

【スポンサードリンク】


グルテンフリーの「グルテン」って何者?

グルテンは、ラテン語で【glue=接着】の語源から、水を吸収すると粘り気が出るのが特徴。

主な成分は、植物性タンパク質で、「グルテニン」と「グルアジン」が合わさった状態で、グルテンとなります。

食品では、小麦、大麦など穀物に豊富に含まれています。

ちなみに、グルテンを主原料としている代表的な食品はご存知ですか?

お麩

ohusyou

麩菓子

82D389D98Eq8EM

お麩、麩菓子を食べたことがある方はいらっしゃると思いますが、食べた際に、水分を含むと粘り気が生じます。

あれが、「グルテン」となります。

なぜ、グルテンが悪者扱いに?

cheat-meal1

グルテンがなぜ、悪者扱いにされるかというと、グルテンは「脳の麻薬」とも言われており、満腹中枢を麻痺させる働きがあると言われています。

簡単に言ってしまえば「食欲が暴走」するのです。

over-eat-600x420

例えば、食事が終わり、お腹いっぱいにも関わらず、「別腹」といってケーキなど食べられてしまいますよね。
これもまさに、グルテンの仕業と言われています。

ケーキにも沢山のグルテンが含まれています。
最近では、米粉を使用したグルテンフリーのケーキもありますよね。

さらに、飲み終えた後に、お腹一杯にも関わらず、無性にラーメンが食べたくなり、しっかり完食!

これは、アルコールによって脳内の満腹中枢が麻痺しているケースも考えられますが、何より、ビールの原料でもある大麦にもグルテンが含まれているからです。

アルコール+グルテンが加わることで食欲が増進してしまう。

グルテンはタンパク質なら筋肉作りに最適なの?

【スポンサードリンク】


グルテンは植物性タンパク質です。タンパク質なので、筋肉作りにも関わってきます。

ただ、筋肉作りを目的として、グルテンを過剰摂取する事は・・・「副作用」が生じます。

例えば・・・

・小麦、大麦など穀物アレルギーを発症しやすい

・腸が炎症しやすい
グルテンはタンパク質の中でも吸収が悪いと言われております。

タンパク質全般に言える事なんですが、タンパク質は一旦アミノ酸に分解されてから腸内に吸収されますが、グルテンの分子構造は消化しにくいと言われており、未消化のまま小腸に届きやすいと言われています。

これが、腸内を炎症する原因と言われています。

特に腸内環境が悪い、便秘、下痢気味などの方は顕著に症状が現れやすいです。

グルテンを過剰に摂取してしまう代表的な症状としては・・・

・腸にガスが溜まりやすい

・疲労感

・鬱

・神経障害

結論から言えば、筋肉を作る目的として、グルテンを過剰に摂取するのは体改善にメチャクチャ効率が悪い+体に悪いと言うことです!

ダイエットに食べるオートミールもグルテンは心配?

P1010931

オートミール自体には、グルテンは含まれていないと言われていますので、安心してください。

ただ、製造過程で他の小麦、大麦を精製する中で、同じ設備で使用するケースもある事から、微量なグルテンが含まれているとも言われています。

それでも、グルテンが心配であれば、グルテンフリーと記載しているオートミールも販売されているので、試してください。

ちなみに、私が普段から食べているクエーカーのオートミールは完全なグルテンフリーではないと言われています。

まとめ

・グルテンはタンパク質であるが、筋肉作りには適していない!

・グルテンの過剰摂取は肥満、腸にガスが溜まりやすい、疲労感、神経障害、鬱といった症状になりやすい

・消化しにくい!腸内の炎症を促す

・小麦、大麦アレルギーの発症しやすい

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です