ダイエットにアルコールってやっぱりNG?

このエントリーをはてなブックマークに追加

pic_f0631
ダイエットしたいけど、アルコールの誘惑に勝てない・・・

実際に私もその部類に入りますが、知人のトレーナーも大のお酒好きの方が多いです。

ただ、ダイエットにアルコールは厳禁ってよく聞きますよね!

なぜ、そこまで厳禁なのか?


【スポンサードリンク】


アルコールは代謝機能を一時的に停止させる

319621-drinking

米国のサイトbodubuilding.com で解説していますが、食べ物を食べると、身体が消化、吸収、貯蔵といった一連の働きを行います。

この過程を代謝機能と言いますが、アルコールを摂取しますと、この一連の作用がストップしてしまいます。

身体はアルコールを毒と判断する!

身体は他の栄養素の消化、吸収、貯蔵よりも、何より、アルコールを体外に排出しなくては!って他の栄養素をそのままにしながらアルコールの代謝に集中すると言われています。

アルコールが太ると言われる理由!

アルコールを優先に体が代謝しますので、他の栄養素の代謝を一時的に停止します。

停止してしまう事で、身体のエネルギー源となるグリコーゲンの貯蔵する筋肉、肝臓も停止してしまっていることから、行き場を失った栄養素は体脂肪として蓄積されてしまいます。

ビールはNG、蒸留酒はOKは違う!アルコール事態がNG!

よく目にするのが、ビールがNG、蒸留酒(焼酎、ウイスキーなど)はOKなど目にしたことがあると思いますが、上記のアルコールの働きを見れば関係ないことが分かります。さらに、下記でもこのように発信されています。

米国のサイト、bodubuilding.com 

【引用】

アルコール(エタノール)は、酵素アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドとニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)と呼ばれるものに分解されます。

アルコール分解の最終生成物は、脂肪酸合成または脂肪分子の生成に大きく関与する分子であるアセチル-CoAである。

過剰のアセチル-CoAの蓄積は、脂肪酸の形成を増加させる可能性があり、最終的に脂肪蓄積を増加させる。

1グラムあたり7カロリーもあるアルコールは脂肪蓄積を促進し、身体の組成に破壊的な影響を与えます。

よく、ビールはNG、蒸留酒はOKなど言われていますが、アルコール事態が身体の代謝機能を乱してしまうので体脂肪が溜まりやすいということですね。

アルコールと上手な付き合い方とは?私の経験も紹介

【スポンサードリンク】


ダイエットを第一に考えているなら飲まないのが一番!

って言いたいところですが、飲まないことでストレスを溜める方がダイエットにとって一番悪い!って言われています。

ストレス=ダイエットNG

ただ、飲酒は悪いばかりではない!

適度なアルコールは血行促進、リラックス効果、コミュニケーション、などなど豊富なメリットがございます。

一番いけない事は、漫然と飲みすぎることがNG!

まずは、飲むルーチン(習慣)を決める事!

私の場合ですが、過去の話しますと、トレーニングが終わり、ジムから自宅に帰る際に、近所のスーパーでお酒とおつまみを買うことが習慣でした。というよりも、これが一番の楽しみでもありました。

pic_f009

ただ、その習慣を知人のトレーナーに話したところ「俺もアルコール好きだけどジム帰りはない」って言われました。

ジム帰りと言うことはトレーニングが終わったばかりで、身体は代謝機能が活発になっている状態!

そこにアルコールを入れることで代謝機能を停止させる事は、頑張ったトレーニングが水の泡!と言うこと!

トレーニング後は十分なエネルギーを消費し、空腹状態なので、その分、飲酒の欲求も強まる事から、プロテインをオススメされました。

確かに、プロテインを飲むようになってから飲酒の欲求を抑えられ(個人差で違う)、且つ、ジムから自宅に帰宅するルートも変更しました。同じルートですと、スーパーによりたくなりますからね。

っていう感じで、以前は毎晩飲んでいた飲酒も現在は、月に多い時で10回ペースと減りました。

ダイエットしているけど、お酒との葛藤が続いている方は少しでも参考にして頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です