筋トレにカフェインって必須?カフェインが筋トレにどういった影響を与えるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジムに行きますと、よく売り切れになっているブラックコーヒー!

私の場合は、ジムの自販は売り切れているとガッカリするので、事前にコンビニで購入しています。

なぜ、筋トレ前にコーヒーを飲むのか?

コーヒーにはたくさんのカフェインが含まれていることから、筋トレ前にカフェインを摂取することで、より集中したトレーニングが出来る事を目的として飲んでいます。

ですが効果はそれだけじゃないのです!

ここでは、カフェインが筋トレにどのような影響を与えるのか?ご紹介します。

【スポンサードリンク】


カフェインが筋トレに与える影響とは?

一般的に言われていますのが、筋トレ前に、カフェインを摂取することで、集中したトレーニングが出来ることはトレーニングをされている方は一度は聞いたことがあると思います。

実は、カフェインと筋トレの関係はそれだけじゃないんですね!!

カフェインが筋トレ=筋肉に与える影響は大きく分けて3つございます。

1、脂肪燃焼効果
詳しい方は、すでにご存知かもしれませんが、カフェインは脂肪燃焼効果もございます。カフェインには脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを活性化する事で、脂肪燃焼を促します。

筋トレは、まず、糖質をエネルギーとして使用されますが、糖質が枯渇してしまうと脂肪をエネルギーに変換して脂肪燃焼しながらトレーニングが出来ます。

ただ、糖質がないと・・・かなりばてやすくなるんですね~パワーも出ないし

カフェインをトレーニング前に摂取しておくと、カフェインの集中力が継続することで、ばてにくいトレーニングが出来ると共に、脂肪をエネルギーに変える燃焼スピードが向上します。

2、疲労解消効果
カフェインは中枢神経を刺激する作用があることで、脳が覚醒し、眠気が吹っ飛びます。よく疲れると眠気をもよおしてしまうのですが、その原因となるのが「アデノシン」という物質が働くことが分かっています。

カフェインは、アデノシンの働きを抑制する働きがございますので、疲労感を感じにくくするほか、集中力も持続する=筋トレに集中できるわけです。

3、心肺機能向上
カフェインは強心作用があります。強心作用とは、心臓の働きが活発になる事で、酸素の供給量がアップし、血液が隅々まで行き渡るようになります。
心臓が元気になる事は、同時に心肺機能の向上につながり、より強度なトレーニングが出来るメリットもございます。

また、カフェインは筋肉内のカルシウムイオンを増やす作用があるので、筋肉の収縮率がアップし、重量重視よりも、より効かせながらのトレーニングが可能となるので、関節にも優しいトレーニングが出来ます。

筋トレで実感するカフェインの摂取量は?

気になるのが、効果的なカフェインの摂取量となりますが、健康を維持するために望ましいとされている摂取量としては・・・

成人⇒1日 400㎎未満で1回の摂取量は200㎎を超えない事が欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)が発表されています。

ちなみに、1杯のブラックコーヒーで摂取できるカフェインの量は・・・200mlで180㎎となっています。

ですので、トレーニング前に200mlのブラックコーヒーの量で丁度良いカフェインの量が摂取出来る事になります。

ただ、毎回のトレーニングで120円勿体ない・・・っていう方はサプリがオススメ!

毎回トレーニング前に120円も出してブラックコーヒーを買うのが勿体ないと思っている方は、実はサプリメントの方が安かったりするんですね。



PROLAB社 カフェイン 200mg であれば、1回で200㎎のカフェインが摂取出来、且つ1回約13円程度で済んじゃいます。

たまにブラックコーヒーやエナジードリンクからカフェインを摂取している方は問題ないですが、毎回毎回カフェインを摂取してからトレーニングを行っている方はサプリメントの方が断然お得です。

カフェインと筋トレのまとめ

カフェインは、集中力の他に、脂肪燃焼効果、疲労解消、心肺機能向上といった効果が期待出来るんですね。

トレーニング前にカフェインをつい摂取してしまうのも、カラダがカフェインがあった方が、よいトレーニングが出来る事を知っているから、つい飲みたくなってしまうのかもしれませんね。

また、今まで、カフェインを摂取してトレーニングをされていない方はやってみて下さいね!

【スポンサードリンク】