ポッコリお腹には「レシチン」がオススメ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

3

ポッコリお腹や隠れ肥満の方にオススメ成分は「レシチン」。アメリカでは、人気のある栄養素であります。人気の理由は、アメリカ人はあまり大豆を食べる習慣がないからです。ただ、最近の日本人でも、和食離れが進んでいることから、脂肪が付きやすい体質になってきています。

見た目は太っているように見えないけど、脱いだらお腹がポッコリ・・・・
それこそ隠れ肥満が典型的ですよね!

このページでは、隠れ肥満、脂肪肝、メタボ予防に有効な栄養素、「レシチン」について、サプリメントアドバイザーが解説しています。下記ではサプリメントの選び方についても解説しています。

【スポンサードリンク】



隠れ肥満の若年化!

92

隠れ肥満は、通常の肥満より、たちが悪いのです。服を着てしまえば太っている自分を隠すことが出来るからです。なので、つい現状に甘えてしまいがちになります。結果、脂肪肝、メタボ、脂質異常症などと生活習慣病予備軍と診断されてから、泣く泣く習慣を見直す事となってしまうのです。

隠れ肥満や脂肪肝は、今まで、40~50代と中高年の方がメインでしたが、最近では20代後半からでも珍しくなく、若年化も進んでいます。若年化ということは、40代、50代になると・・・考えたくないですよね。

こんな人にオススメ!

・コレストロール値が高い

・動脈硬化、心臓血管病

・肝機能の強化

・中性脂肪値が高い

・下腹部がポッコリ出ている

レシチンはサプリメント摂取が効率的!

成人で1日に必要とされるレシチンの摂取量は1000~5000mgと言われています。特に、脂肪肝や肝機能障害と肝細胞が傷んでいる場合は、摂取量が5000mg位が理想摂取量と言われています。到底、食事でまかなえませんよね。

171

具体的な量で換算しますと、乾燥大豆300g程の量となります。大さじで約20杯分となり、現実的ではございません。
よって、レシチンは一回分で1000~5000mg摂取できる商品が安価で販売されています。

【スポンサードリンク】