ダイエットの停滞期・・・改善策は空腹時の○○○○○が効果テキメン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

142939_instant-mp
ダイエットしていると、必ず訪れる停滞期・・・・

ダイエットに挫折する要因はこの部分が大きいのではないでしょうか?

・頑張っているのに痩せない・・・

・自分はダイエットに向いていない・・・

この停滞期をマイナスととらえず、停滞期になったということは、少量の栄養素で体が慣れてしまった証拠でありますので、頑張っている証しでもあります。

停滞期を早く打破するためには?まず、体脂肪が燃焼する5つの過程を知ることが大切!

【スポンサードリンク】


■ 体脂肪燃焼の5つの過程

まずは、体脂肪が燃焼する5つの過程を知ることが大切です!

1、エネルギー源として血中のグルコース(元は炭水化物、糖)を使う

2、血中のグルコースが減ると肝臓に蓄えられているグリコーゲンをグルコースに戻して使用

3、肝臓内にプールしているグリコーゲンがなくなる

4、血中の脂肪酸とアミノ酸をエネルギーとして使う

5、血中の脂肪酸、アミノ酸が枯渇してから、ようやく体脂肪を燃焼し始める

体脂肪を燃焼する過程はこの順番となります。

ダイエットで空腹感を感じ頑張っている状態は、1~3の段階となります。

ダイエット当初は今までの栄養摂取量に対して体が代謝していたので、栄養摂取量を減らしたら、以前のベースで一時的に代謝するので体重が減りやすいです。

ただ、摂取量に慣れてしまうとなかなか、これ以上体重が減りません。

これが、停滞期!

停滞期は、1~3の繰り返し・・・ダイエットに対するモチベーションが下がりやすい

停滞期が訪れたら4~5の段階ステップを踏まなくては簡単に体脂肪が燃焼してくれません。

■ 4~5のステップ有効策は「有酸素運動」

2014-04-25-Walking_JR_604

空腹時でも、血中のグルコースは約100キロカロリー、肝臓にはグリコーゲンが700キロカロリーがプールされています。

基礎代謝でも微量に消化されますが、この空腹状態で肝臓内のグリコーゲンを完全に消化させるためには、約20分の有酸素運動が効果的と言われています。

空腹時に自ら代謝を促す事で4~5の段階に入るわけです。

一般的に有酸素運動がダイエットによいと言われていますが、この様に脂肪燃焼する段階を知ることで有酸素運動に対する考え方が多少変わったのではないでしょうか?

■ もっと効率的に脂肪燃焼させたい

2916252_f520

さらに、効率的に脂肪燃焼をさせたい場合は、炭水化物の摂取量を減らす事!

国が基準としている栄養摂取割合として、炭水化物、脂質、タンパク質の割合が、6:2:2の基準となっています。

Screen-shot-2011-08-15-at-8.20.15-PM

要は、炭水化物がメインの食事摂取基準ということになります。

この摂取割合では、せっかく体脂肪燃焼しているのに、グルコース、グリコーゲンでエネルギーを消費するのに時間を有してしまいます。

ですので、最初からグルコース、グリコーゲンの元となる炭水化物の摂取量を減らすことが大きなポイントとなります!

この割合としては、個人差によって異なりますが、炭水化物、脂質、タンパク質の割合が、3:1:6か2:2:6の割合が理想です。

完全に炭水化物をカットすることもなく、メインはタンパク質となります。

このバランスに関しては、夜の炭水化物をカットするだけで、簡単にクリアできるバランスとなります。

なぜ、夜の炭水化物カットが有効か?

夜の炭水化物カットがなぜ、ダイエットに有効か?と申しますと、自律神経が絡んできます。

夜は副交感神経が優位になり、体が休みたいモードに入ります。

副交感神経が優位な時、体は、少々の栄養素でも蓄える作用が働き、炭水化物は脂肪として蓄えられやすいのです。

逆に朝に関しては、交感神経が働いていますので、余分に炭水化物を摂取してもエネルギー源として働きますので脂肪になりにくい特徴がございます。

【スポンサードリンク】


■ アミノ酸サプリメントで更に脂肪燃焼アップ

Detox-Diet

脂肪燃焼の過程として・・グルコース⇒グリコーゲン⇒脂肪酸⇒アミノ酸⇒体脂肪の順番でエネルギーとして使われます。

ただし、最後の体脂肪のエネルギーに関しては、個人差が物を言いますので、燃えやすい方もいたり、なかなか燃えにくい方もいるわけです。

キーワードは「リパーゼ」

体内に備わっている、脂肪分解酵素である「リパーゼ」の働きが活発な方とそうでない方に分かれます。

このリパーゼに関しては、20代までをピークに減少すると言われています。

その脂肪分解酵素である「リパーゼ」を活性化するアミノ酸としてオススメするのが「アルギニン」です。

■ アルギニンの効果的な飲み方

The Best Body Building Supplement

アルギニンはこの脂肪分解酵素である「リパーゼ」を活性化させる働きを持っています。ただし、勘違いしないでほしいことがございます。

アルギニンを摂取しているからと、食事内容を炭水化物メインにチェンジしない事!

せっかくアルギニンを摂取しているに、アルギニンの効果が期待できないから勿体ないです。

あくまでも、タンパク質をメインとした食習慣をして頂いた中で、アルギニンを摂取して頂く事が大きなメリットがあるわけです。

アルギニンの効果的な摂取方法!

空腹時に摂取します!

アミノ酸サプリメントは消化の過程を省略し、ダイレクトに血液に入りますので、摂取して約20分で吸収されます。

空腹時にアルギニンを摂取して、有酸素運動をすることで体脂肪燃焼はさらに活性化されます。

脂肪燃焼だけでない!

さらに、アミノ酸の特徴としては、空腹感も紛らわす作用や気分を高揚させてくれる作用もございますので、ダイエットで気分が落ち込む様な事は避けられると思います。

逆に、今まで、ダイエットされて、気分が落ち込みやすかった方は、空腹時にアルギニンを飲んで運動する。または、通勤時に飲む事もオススメします。

■ アルギニン オススメサプリメント


NOW社  Lアルギニン 500mg

アメリカでは人気のNOW社のLアルギニンサプリメント!

国内の他社製品との比較

ダウンロード41

口コミも100件以上ございますので、サプリメント探しの参考にして頂ければ幸いです。国内メーカーで、この品質でこの価格はないと思います。
>>NOW社 Lアルギニン 500mg 口コミ