クレアチンの効果的な摂取方法と注意点!

このエントリーをはてなブックマークに追加

drink-mass-gainer-770x472

クレアチンってどうなの?限界から実感できるアミノ酸!でクレアチンの具体的な働きや効能を解説しました。

このページでは、クレアチンの効果的な摂取方法と注意点を紹介しています。

クレアチンは決して安いサプリメントではありませんので、正しい摂取方法でしっかり実感を得ることが大切です!

【スポンサードリンク】


クレアチンローディング

クレアチンは通常のアミノ酸の飲み方と少し異なります。通常のアミノ酸であれば、空腹時に摂取することが基本となりますが、クレアチンに関しては、糖質とセット、もしくは、食後に摂取することで、クレアチンの吸収力がアップします。

その中でも、クレアチンを早く実感する飲み方としてオススメするのが、クレアチンローディングです。

クレアチンローディング?

短期間に体内のクレアチン濃度をアップする方法です。具体的に言えば、1日に20gのクレアチンを1週間のみ続ける!

1日に4分割!

ただ、1回で20g摂取するのではなく、これを4分割にして摂取します。

よって、1回の摂取量は5gとなります。(小さじ1杯)これを1週間摂取することにより、体内のクレアチン濃度が個人差にもよりますが、約10%もアップしていると言われています。

次は、1週間のローディングが終了したら⇒「メンテナンス期」を設けます。

メンテナンス期は増えたクレアチン濃度を保つ期間となります。具体的な摂取目安は1日に5g程度(小さじ1杯)でOK!万が一、1~2日と飲み忘れたとしても問題ありません。

クレアチンローディングと注意点!

クレアチンローディングは、多少内臓に負担をかけてしまいます。肝臓や腎臓に異常がある方は、ローディングはオススメ出来ません。でも、心配しないで下さいね!

クレアチンローディングはあくまでも、短期間にクレアチンを実感する方法!例えば、2週間後に試合や大会を控えているなど目的があるケースには非常に有効とされます。

ただ、上記で言いました、ローディング期⇒メンテナンス期の順番ですが、メンテナンス期(1日5g)を長期的に摂取することでも、ローディングと同じ効果を得られます。肝臓、腎臓に負担がある方は1日に5gを長期的(目安として1ヶ月)に摂取する事で問題ありません。

クレアチンを摂取すると水分を多く摂取しなくてはいけない!

クレアチンを摂取する際には、多めの水分を摂取する事をオススメします。クレアチンを摂取することで、最大の筋パワーを発揮出来ることになります。それだけ、筋肉の疲労も半端ではありません。万が一、水分が足りない状態が続くことで、懸念されることが、肉離れ!

なぜ、肉離れが多いのか?

筋疲労は同時に筋細胞の水分も沢山消費します。筋細胞に水分が足りなくなりますと、細胞内のコラーゲンの接着力が低下してしまいます。

接着力が低下してしまう事で、肉離れを起こしてしまいます。

接着力を強化、維持するためにも、クレアチンを摂取している時は、水分を意識して摂取する事が大切です。

【スポンサードリンク】