クレアチンってどうなの?限界から実感できるアミノ酸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

amster12-520x360

クレアチンって筋肥大にいいとか、飲むことでパワーアップするなど言われていますよね?

そもそもクレアチンってどういった働きがあるのか?クレアチンの効能について解説しています。

【スポンサードリンク】


クレアチンとは?

クレアチンは体内で合成されるアミノ酸の一種です。主に、骨格筋(普段鍛えている筋肉)に約95%も含まれ、残りの5%は、心臓、精子、脳の一部に存在しています。

クレアチンはATP(アデノシン三リン酸)再合成の活性化!

ATP?

激しい筋トレをしていると、エネルギーが必要となります。

日ごろからビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物を摂取しているわけですが、このまま、エネルギーとして使用できません。

よって、これらの栄養素はATPに変換され、エネルギーとなります。よって、車で言えば、ガソリン的存在。

ただ、激しい運動をする際には、体内には十分な栄養があっても、ATPの合成が間に合いません。体内のATPの量には限界があるからです。激しい運動を続けるためには、ATPの再合成がポイントとなります。その際に、再合成を助けるのが、クレアチンです!

限界から実感できるアミノ酸!

例えば、高重量を扱う際に、一瞬息を止めて最大限のパワーを発揮します。その時に体内では、ATP(アデノシン三リン酸)が総動員されエネルギーが使われます。

エネルギーが使われた後、ATPはADP(アデノシン二リン酸)と呼ばれるエネルギーに変化します。

先ほど、ATPの量には限界があると解説しましたが、クレアチンは一度エネルギーとして使用された、ATP⇒ADPに変化されたのを再度ATPに再合成する働きがあり、(サイクル的に)継続して最大限の力を発揮出来るようになるのがクレアチンの最大の働きです。

よって、ATPの再合成が促進されることで、高重量を扱うベンチプレスの場合、今までの限界重量+2㎏で挙がったり、同重量で今まで、10回が限界だったのが、12回出来るようになったりする事が可能となります。

筋肉の限界まで追い込めるので同時に筋肥大も見込めます。

クレアチンはどんな人が使用している?

クレアチンはサプリメントとして販売されたのは、1990年と言われています。有名なのが、1996年のアトランタオリンピックの選手の約4分の3はクレアチンを使用していたことです。

今では、アスリートには欠かせないアミノ酸ですね。

パフォーマンス力の向上が実感できる事が人気!

クレアチンの特徴と言えば、何といっても、実感が得やすいこと!もちろん条件は、パワー限界に達したときですが・・・特にパワー系、瞬発系の競技をされている方は欠かさず飲まれています。

有酸素運動をされている方には不向きのアミノ酸かもしれません。パワー向上、筋肥大を目指す方には試していただきたいアミノ酸です。

クレアチンの効能

・筋肉が継続して力を出し続ける事が可能
・瞬発的なエネルギーの増大
・持久力を高める
・筋肥大
・乳酸を分解し疲労軽減
・筋肉の修復の促進
・記憶力や学習能力を高める

クレアチンの特徴は、パワーアップ、筋肥大の他、ブレーンアミノ酸でもあります。トレーニング前、中に摂取することで、精神を集中しながらトレーニングが出来る事も特徴です。次は>>クレアチンの効果的な摂取方法と注意点!

【スポンサードリンク】