銅の働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 活性酸素に対する抗酸化作用
  • ヘモグロビンの合成
  • 尿酸分解酵素の構成成分
  • 脳内の神経化学物質の合成
  • 筋肉、神経、免疫系を機能
  • コラーゲン、エラスチンの合成
  • 腸からの鉄分の吸収を助ける

【スポンサードリンク】



銅の働き

銅は、ヘモグロビンの合成や正常な造骨作用の手助け、さらに、活性酸素を退治する構成成分として、肝臓や脳に多く分布している不可欠なミネラル。

鉄と相互に作用する性質もあり、銅が欠乏してしまうと、貧血に陥ってしまう事もございます。その他、心臓、血管がもろくなったり、心不全、大動脈破裂や骨粗鬆症に似た軟骨の破壊が起こる例もございます。

また、メラニン色素を作るときに欠かせないミネラルとしても有名で、不足に陥ると、髪、皮膚の色が抜け落ちるケースもございます。

・食事摂取基準
成人男性 0.8~0.9mg/日
成人女性 0.7mg/日
アッパー摂取量 10mg/日

主な食品

・牛レバー、卵黄、スルメ、カキ、大豆、カシューナッツ、ココアなど

こんな人にオススメ

  • 腸からの鉄分の吸収を助ける
  • 貧血気味
  • 動脈硬化の予防
  • 骨粗鬆症予防

銅の補給方法

通常の食生活をしていれば、不足する心配はいりませんが、上記のこんな人にオススメに該当されている方などは、少し意識して摂取してみることもいいと思います。サプリメントで摂取される場合は、上記の摂取基準を参考にしてください。

【スポンサードリンク】



2015年8月16日