亜鉛の働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 核酸、タンパク質の合成に関与
  • 細胞分裂に大きく関与
  • インスリンの構成
  • コラーゲンの合成に関与
  • 200種類以上の酵素に関与
  • ビタミンAの代謝
  • 味覚、嗅覚を正常に保つ

【スポンサードリンク】



亜鉛の働き

亜鉛は約200種類の代謝に関わる酵素に働きかけるほか、ビタミンCともに、コラーゲンの合成に関与したり、インスリン、成長ホルモンや性ホルモンをつくる際に関与しており、その働きは多岐に渡ります。

以前は不足する心配のないミネラルでありましたが、近年では、偏食習慣が当たり前となり、味覚障害、精力減退、スグキレやすかったり、精神的に不安定といった症状などは、亜鉛が不足している事も一理あるとも言われています。

・食事摂取基準
成人男性 11~12mg/日
成人女性 9mg/日
アッパー摂取量 30~45mg/日

主な食品

・カキ、カズノコ、イワシ、タラバガニ、サザエ、寒天、カシューナッツ、アーモンド、など

こんな人にオススメ

  • 抜け毛が多い
  • 爪に白い斑点が出来ている
  • 風邪を引きやすい
  • 肌荒れが気になる
  • 動脈硬化を予防
  • ダイエット中の人
  • 精力減退
  • 味覚障害
  • 精神不安定
  • インスタントラーメン、ファストフードをよく食べる

亜鉛の補給方法

食品から摂取される場合は、ビタミンC、クエン酸を加えることで亜鉛の吸収が高まります。基本的に、亜鉛は吸収しづらい性質ですので、このように合わせて摂取することが大切。特に生ガキにレモンをかけて食べることは、美味しいだけでなく、亜鉛の吸収を高めるうえでも理にかなっているわけです。

【スポンサードリンク】




2015年8月16日