モリブデンの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 肝臓、腎臓の酵素の働きを助ける
  • 糖質、脂質の代謝を助ける
  • 神経を正常に保つ
  • 造血作用
  • 銅の排出を増大

【スポンサードリンク】



モリブデンの働き

モリブデンとは、肝臓や腎臓で硝酸や亜硝酸還元酵素、アルデヒド酸化酵素などのいくつかの酵素の働きを助けている微量元素。通常の食生活で欠乏症になることは稀ですが、欠乏してしまうと、頻脈、頭痛、夜盲症(暗部の視力が著しく低下)してしまう

・食事摂取基準
成人男性 20~30μg/日
成人女性 20~25μg/日
アッパー摂取量 450~600μg /日

主な食品

・牛レバー、牛乳、チーズ、ヨーグルト、納豆、玄米、グリーンピース、ホウレンソウ、ニンニクなど

こんな人にオススメ

・加工食品、偏食習慣をされている方

モリブデンは速やかに尿として排泄されますので、通常の食生活では過剰症になる心配はいりませんが、過剰に摂取しいてしまうと、尿酸値の上昇や痛風の原因になりやすいので、特にサプリメントで摂取される場合は、上記の食事摂取基準を参考にして頂きたいです。

【スポンサードリンク】



2015年8月16日