マンガンの働き

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 細胞の活力を高める
  • タンパク質の合成、糖質、脂質の代謝に関係
  • 消化を助ける
  • 細胞表面の保護。酸化から守る
  • 骨の形成を促進、肝臓、骨の酵素作用を活性化
  • 疲労、イライラを和らげ、記憶力の増進

【スポンサードリンク】



マンガンの働き

マンガンの大量摂取は有害とされていますが、微量のマンガンは人体にとって必須の栄養素。主に、肝臓、すい臓、毛髪に存在し、日ごろから、疲れやすかったり、生活習慣病である、糖尿病の予防、加工食品であるインスタントを習慣に食べている方などは、意識して摂取することをオススメします。

マンガンの主な働きとしては、活性酸素分解酵素である「SOD」の構成成分であり、細胞膜を酸化から守ってくれることです。糖質、脂質、タンパク質の代謝に役立ち、エネルギー作りに関係しています。

更に、消化を助ける作用、肝臓の酵素作用を活発、筋肉、骨、神経を強くする働きがございます。通常の食生活をしていれば、不足する心配はいりませんが、偏食習慣やファストフード、外食が続いている、もしくはその原因かで、疲れやすくなっている方は意識して摂取することをオススメします。

・食事摂取基準
成人男性 4.0mg/日
成人女性 3.5mg日
アッパー摂取量 11mg/日

主な食品

・カキ、アサリ、玄米、卵黄、干し柿、ヘーゼルナッツ、抹茶、ソバ、クルミなど

こんな人にオススメ

Man Eating Cheeseburger

  • ファストフードやインスタント食品をよく食べる
  • 骨粗鬆症の予防
  • 糖尿病が気になる
  • 記憶向上
  • 疲れがとれない、疲れやすい

栄養バランスを考えた食生活を続ける事が難しい場合は、サプリメントを摂取する事をオススメします。摂取する際は、上記の食事摂取を参考にしてください。

【スポンサードリンク】



2015年8月16日